Menu

Hot 15 Update

2018-04-26 2017-12-29 2017-11-15 2017-11-05 2017-10-20 2017-09-25 2017-09-23 2017-05-20 2017-04-08 2017-03-21 2017-03-05 2017-01-13

About


現在のオンライン:3
本日:1
昨日:0
2005.04.01からのアクセス数:9029
2009.01.18からのアクセス数:
topFAQ ≫ 内蔵電池 更新: 2005.04.24 (4750d)

内蔵電池

整備者:竹内#1367
2000.05.29 更新
  1. 内蔵電池の役割は何でしょうか?
  2. 内蔵電池が切れるとどうなりますか?
  3. どのような電池を使えばよいのでしょうか?
  4. 内蔵電池はどこで売っていますか?
  5. 内蔵電池はどのように交換すればよいでしょうか?
  6. 内蔵電池を交換した後にすべきことは何でしょうか?
  7. 電池を交換したのですが動きません。


内蔵電池の役割は何でしょうか?

内蔵電池の役割は次の通りです。

従って内蔵電池が切れはじめると、日時や時刻などの各種設定が狂い始め、6100が起動したりしなかったりするようになり、最後には6100が起動しなくなってしまいます。

内蔵電池はこのように大切な役割を果たしていますので、電池切れの際にはすみやかに電池交換を行いましょう。



内蔵電池が切れるとどうなりますか?

ハードディスク、CD-ROMに関係なく起動しない(しにくい)場合は多くの場合が電池切れによるものです。

まず、電池が切れかかると次のような症状が発生することが多いです。


そして電池が切れてしまうと、「起動音がしてハードディスクが回り出すが、画面は真っ黒のまま。」となってしまいます。(電池が切れても起動音はします。)

電池切れの際に強制的に起動させる方法はありますが、この方法は非常に危険なので余程の時以外は止めた方が良いです。方法ですが、ハードディスクの回転が止まったのを確認してから電源ボタンで電源を入れ直すと立ち上がります。この時には、勝手にPRAMをクリアしながら起動したり、低解像度で一旦起動した後に再び起動音がして通常解像度で立ち上がったりします。

電池交換で直った症状。


その他、内蔵電池に関わること。

電池切れの症状に似ているが電池交換しても直らず、他の原因によるものだった症状です。詳細についてはそれぞれの項目を見て下さい。

症状:起動したりしなくなったので電池交換をしたら、今度は全く起動できなくなった。
原因:6100のロジックボードの故障。

症状:メモリーを64M*2にしたところ、起動音はするがその後HDにアクセスしていない模様。モニターも真っ暗。
原因:メモリの異常。メモリーを元の32M*2に戻したところなにごともなかったように起動。

症状:G3カードを取り付けると、起動音がしてHDは動くがモニターの電源が入らない。手動でモニターを入れてみても黒にグレーのワイド画面になる。
原因:AVカードの不良。

症状:起動音がしない。モニタは真っ暗なまま。
原因:CPUやメモリ、6100のロジックボードの異常。

症状:起動音はしないが、HDは読み込み、モニタは真っ暗なまま。
原因:6100のロジックボードの異常。

症状:使用中に電源が落ちて、再投入を繰り返したが反応なし。
原因:電源の不調。



どのような電池を使えばよいのでしょうか?

6100で使用される内蔵電池は、3.6Vのリチウム電池です。電池の寿命は6100の使用頻度によって違いがあり、1年半〜5年というところです。6100は電源off時にバックアップ用に内蔵電池が消費されるので、使い方によってこのような差が出てきます。 2〜3年経ったら液漏れチェックの意味で、電池の膨れ具合とか電極付近の状態の目視をお勧めします。ついでに電池の電圧のチェックや、電池交換をしてしまうのが良いでしょう。「DOPING MAC」によると、電圧はかなり下がっても動作するようです。電池切れで交換した時の電池の電圧が0.5V〜1.6Vだったという報告があります。

代替用の電池ですが、ASPカメラ用の3Vリチウム電池も使用可能です。少々大きいので、外枠の電池ケースを外さないと入らないようです。ただし、電池の寿命が5ヶ月しかないという話です。

他にも、単3のニッカド電池3本を使用する方法があります。単3用の電池ケースを用意して、3本で電圧が取れるように配線し直して、それを本体側の電池ケースの+極と−極にハンダで固定。増設の電池ケースは適当に絶縁して筐体内にごろり。 電池ケースに元の電池を入れたままのほうが、ハンダ付けし易いようです。乾電池だと電圧が1.5v×3=4.5vと、純正内蔵電池の3.6vより高くて不安なのでニッカド3本1.2v×3=3.6vにしたのですが、テスタではこちらも4.5vあったとのことです。



内蔵電池はどこで売っていますか?

内蔵電池はMacを取り扱っている店やパーツショップで手に入ります。秋葉原ならT-ZONEアップル館、秋葉館、MacAcademy、イケショップなど、また各地のT-ZONE、ソフマップなどで取り扱っているようです。常に在庫があるとは限らないし、リチウム電池は使わなければ保管出来ますので、見つけた時は予備として1個購入しておきましょう。6100用の内蔵電池と初代G3の内蔵電池の型番が同じとのことですので、当分の間この電池はサポートされ続けることと思われます。

内蔵電池の価格ですが、主に700〜1500円位で売り出されています。800円前後が多いです。ジャンクものが100円とか350円とかで出回ることもあるようです。店によって結構価格にばらつきがあるので、何軒か回ってみたほうが良いでしょう。



電池はどのように交換すればよいでしょうか?

内蔵電池の交換方法については次のリンクを参考にして下さい。画像付きで分かりやすく説明されています。



内蔵電池を交換した後にすべきことは何でしょうか?

電池交換後、初めて電源を入れる際はPRAMのクリアを行いましょう。Command+option+P+Rのキーを押したまま電源を投入し、ずっと押したままでいると起動音が繰り返されます。起動回数については諸説ありますが、この状態で2〜3回起動すれば良いとされています。そしてPRAMクリア後は設定が初期化されますので、日時や時刻・AppleTalkなどの各種設定を行いましょう。「電池交換後、急にセレクタでファイルサーバーが見えない状態になった」など交換前と異なる動作をする時は、まずは関連設定を確認してみましょう。

内蔵電池を付け忘れて立ち上げた時などは、その後に内蔵電池を取り付けて立ち上げても内蔵ハードディスクから起動しないことがあります。このような場合、CD-ROMや外付けのハードディスクから起動して、内蔵ハードディスクのシステムフォルダのアイコンを見て下さい。システムフォルダ特有のアイコンで無く、新規フォルダーと同じものだったら、システムフォルダーを一度開いてから閉じて下さい。システムフォルダ特有のアイコンに戻るはずです。そのあと起動ディスクを内蔵ハードディスクにすれば、内蔵ハードディスクで起動できるはずです。クロックアップに失敗した時にも同じ症状が起こるようです。



電池を交換したのですが動きません。

「電池を交換したが直らない」という場合には

を確認してみて下さい。


また、電池ボックス周りに問題がある場合もあるので、下記の事項を確認してみて下さい。

これで問題が無ければ、内蔵電池切れ以外のことが原因となっている可能性が高いので、FAQの「故障?」の項目を見て下さい。

電池ボックス周りに問題がある場合



topFAQ ≫ 内蔵電池