Menu

Hot 15 Update

2017-10-20 2017-10-19 2017-09-25 2017-09-23 2017-07-23 2017-05-20 2017-04-08 2017-03-23 2017-03-21 2017-03-05 2017-01-13

About


現在のオンライン:1
本日:2
昨日:0
2005.04.01からのアクセス数:8233
2009.01.18からのアクセス数:
topJava教室 ≫ アプレットを動かす 更新: 2017.01.13 (280d)

アプレットを動かす

Java教室
はじめに<<もくじ>>画像を表示する

アプレットとは

Webブラウザから実行するJavaプログラムのことです。
詳しくはこちら(IT用語辞書「アプレット」)を参照してください。

アプレットを動かしてみた↓

Javaアプレット

この画像は,アプレットを動かして表示させています

アプレットのしくみ

以下に示すファイルを使って動きます。これらのサンプルは、このページの一番下でダウンロードできます。

  1. HTMLファイル:Webページを作成するための言語で記述されたファイル
  2. javaファイル:javaプログラムの記述されたファイル
  3. classファイル:Javaファイルを実行するとできるファイル

HTMLファイルの中身(sample.html)

<html>
<body>
<applet code= "sample.class" width="100" height="200">
</applet>
</body>
</html>

javaファイルの中身(sample.java)

import java.applet.Applet;
import java.awt.Graphics;
import java.awt.Image;
import java.applet.*;
import java.awt.*;

public class sample extends Applet
{
    Image img[] = new Image[1];
    
    public void init()		// 画像の読み込み
    {
	img[0] = getImage(getDocumentBase(), "sample.gif");
    }
    
    public void paint(Graphics g) // 画像表示
    {
	g.drawImage( img[0],1,1, this );
    }
}

というような感じの内容を記述します。



コンパイルのしかた(sample)

  1. ターミナルを起動する。

  2. ターミナルで,実行したいファイルの保存してあるフォルダへ移動します。
    例1)「6100game」というフォルダに移動
    cd 6100game
    例2)「Sites」の中の「javagame」の中の「6100game」というフォルダへ移動
    cd Sites/javagame/6100game
    ファイルを保存した場所によってこのコマンドの入力は変化するので,自分でどこにファイルを置くのかちゃんと決めましょう!

  3. ターミナルでコンパイルするファイル名(今は,sample.java)を打ち込む
    javac ファイル名

以上で,コンパイルは終了。



では,実行してみよう!

  1. ターミナルでアップレットビューワーで実行するファイル名(今は,sample.html)を打ち込む
    appletviewer ファイル名
  2. アプレットビューワーが起動すれば,実行大成功!!


うまくいかないときのチェックポイント


添付ファイルの使い方

このページの下の方に,3個の添付ファイルがあります。

試しに動かしてみたい!という人は,3個のファイルをダウンロード(マウスで右クリックして「ファイルを保存」するというのがあるはず)してこのページの「コンパイルのしかた」からやってみてください

うまくいかないときは会議室に書き込んでくださいね!


このページは…

選択肢 投票
参考になった 14  

はじめに<<もくじ>>画像を表示する

添付ファイル: filesample.java 709件 [詳細] filesample.html 728件 [詳細] filesample.gif 819件 [詳細]


topJava教室 ≫ アプレットを動かす