Menu

Hot 15 Update

2018-02-16 2017-12-29 2017-11-15 2017-11-05 2017-10-20 2017-09-25 2017-09-23 2017-05-20 2017-04-08 2017-03-21 2017-03-05 2017-01-13

About


現在のオンライン:3
本日:2
昨日:0
2005.04.01からのアクセス数:4809
2009.01.18からのアクセス数:
topTuneUp6100 ≫ L2キャッシュ増設 更新: 2005.04.01 (4710d)

L2キャッシュ増設


http://www.think-d.org/6100/Proc/caution.gif

Macintosh本体の蓋を開けて内部を触ることで、Appleの保証を失うことになります。

各自、ページの内容及び、注意をよく理解した上で、自己責任で実行して下さい。


メモリ増設の後は、L2キャッシュで速度向上を計りましょう。

初心者向けプロセス「さらにはL2キャッシュを増設するべし」の巻

<L2キャッシュ増設の手順>

  1. L2キャッシュです。矢印のように切り込みが入っており、差し込む向きを間違えないようになっています。私の6100/60AVは中古で購入したのですが、写真ようなADTECのL2キャッシュが装着されていました。

    http://www.think-d.org/6100/Proc/L2_simm.jpg


  2. まず、AVカードやハードディスクの電源、SCSIフラットケーブルは外しておかないと作業ができません。
    L2キャッシュのスロットはMPUであるPowerPC601の隣です(矢印の部分)。
    その左側はROM SIMMです。
    既に入っているL2キャッシュを取り外して新しく大容量のL2キャッシュに交換する場合などは、間違ってROMを抜いてしまわないように注意しましょう。起動できなくなります。
    また、L2キャッシュの抜き差しにはかなりの力を要する場合が多いです。
    焦らずじっくり作業しましょう。思わず破壊してはいけません。

    http://www.think-d.org/6100/Proc/L2_socket.jpg


topTuneUp6100 ≫ L2キャッシュ増設